• ホーム
  • ブログ
  • 超強力迷惑携帯電話妨害器はドローン/ 無人航空機/無人機の電波を遮断する

ブログ

2016.05.26

超強力迷惑携帯電話妨害器はドローン/ 無人航空機/無人機の電波を遮断する

超強力迷惑携帯電話妨害器はドローン/ 無人航空機/無人機の電波を遮断することができます。

◆超強力迷惑携帯電話妨害器の遮断電波はGPS、Wi-Fi、GSM、CDMA、DCS、PHS、3G、4Gに対応しており、基地局からの逝去信号の受信を阻止して、端末を圏外の状態にすることにより一時的に発信&着信をできないようにする装置です。

docomo、au、SoftBank、EMOBILE、WILLCOM対応して遮断、最大半径約20~100mの範囲をカバーします。

Wi-Fi電波遮断器

◆現在日本国内で使用されている携帯電話・PHSの全ての周波数帯に対応しています

800MHz帯:docomo [mova]
800MHz帯:au [cdmaone]
1500MHz帯:SoftBank、docomo
1700MHz帯:EMOBILE、docomo
1900MHz帯:WILLCOM [PHS]
2100MHz帯:docomo、SoftBank、au [FOMA 、各社第3世代携帯]
※使用環境や機種によって対応できない場合があります

超強力迷惑携帯電話妨害器はドローン/ 無人航空機/無人機の電波を遮断することができます。

スマホ電波妨害

「8341CA-DE」スマホ電波障害はマナーを守らない携帯電話利用者に対し、自覚を促し、安全で快適な空間を維持する目的で開発された携帯電話・PHS用の規制装置です。現在日本国内で使用されている携帯電話・PHSの全ての周波数帯に対応しています。学校、塾、病院、レストラン、店舗、会議室、美容院、図書館などに最適です。

ドローン、「妨害電波」で撃退できる? その技術的、法的問題を検証

小型無人機のドローンが首相官邸内で見つかった問題で、どうすればテロなどへの悪用を防げるかが焦点になっている。専門家からは、ある対策をする必要性の指摘が出ていた。

   4つのプロペラが付いたドローンは、報道によると、フレームが真っ黒に塗り替えられていた。ドローンを官邸まで飛ばした何者かは、暗闇にまぎれるように仕立てたらしい。

携帯やスマホを圏外にする機器政府は飛行規制を打ち出したが、実効性に疑問

ドローンは、ラジコンショップなどで誰でも入手でき、免許もいらずに操縦できる。性能のいい機種は、高度200メートルぐらいは飛ぶという。航空法では、空港の近くでなければ、250メートルまで飛行制限はないといい、テロ対策の死角になっていた。

コントローラーで操縦することができるが、位置情報のGPSを使えば、入力地点まで自動で飛ばすことも可能だ。この機能を使えば、夜中に5キロ離れた地点からも目標まで到達できてしまう。官邸で見つかったドローンは、コントローラータイプで、300メートル離れた場所からしか飛ばせないとも報じられたが、いずれにせよ、防衛能力に重大な欠陥があったのは確かだ。

GPSジャマー

菅義偉官房長官は2015年4月22日の会見で、テロの発生が懸念されるとして、法整備などで規制を強化したい意向を示した。航空法の改正案が秋の臨時国会に提出され、行政機関や原発などの上空でドローンの飛行を原則禁止にする方向だとも報じられている。

とはいえ、ネット上では、「問題は禁止にすることではなく、どうwifi遮蔽防ぐかだろうに」「禁止しても物理的に防げないんじゃ意味ないわな」などとその実効性を疑問視する声が早くも出ている。

関連サイト

http://goobuy.blogaholic.se/2016/may/51545

http://www30.atwiki.jp/goobuy/pages/32.html

http://b39.chip.jp/goobuy/blog/view.php?tnum=25

 

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

会社名を入力します。

テキストが入ります。

検索

ページの先頭へ