• ホーム
  • ブログ
  • プライベートでは近所トラブルの証拠撮り小型カメラ

ブログ

2016.03.14

プライベートでは近所トラブルの証拠撮り小型カメラ

 

隠しカメラ応用範囲

今、一歩街に出れば多くの所に隠しカメラが設置されています。TVのニュースでは犯人の足取りが秒単位で捉えられています。防犯には欠かせなくなったのが「隠しカメラ」です。犯罪が身近に迫り、想像もつかないような出来事が発生している現状を考えると、プライバシーの侵害とも云えなくなってきました。

現在使い方はかなり広範囲にわたってますが主な使い方を挙げてみますと
●プライベートでは近所トラブルの証拠撮り
●子供のいじめや嫌がらせの現場記録
●家庭内暴力の証拠撮影、ビジネスでは重要な交渉の記録
●出入り口や倉庫や駐車場の防犯
●オフィスの盗難対策
●大事な会議の記録、その他では赤ちゃんや可愛いペットの監視

小型カメラ専門店、スパイオンラインショップへようこそ!腕時計カメラやペン型カメラや、USBのようなキーホルダーカメラが仕込まれたものまで様々な超小型カメラを秘密厳守で通販可能。

当店では盗撮その他の違法行為に使用する目的での購入申込みは全てお断りさせて頂いております。写真や動画そして音声も記録OK。

赤外線ライト付きの暗視カメラや、リモコン遠隔操作、動体検知、繰り返し録画機能等、高機能な小型ビデオカメラなどを提供しております。

小型カメラとは一体どんな物なのでしょうか?まずは、カメラを小型化することで、撮影していることを表面化しないのが目的とするカメラのことです。

火災報知器型カメラ

これは主に探偵業の方やテレビ業界の方が行う使用方法です。映画やドラマで使われているので、お馴染みの活用方法になります。決定的な証拠集めや潜入捜査など、その目的は様々ですね。よく使われるのは隠しカメラです。

胸ポケットやデスク上に置いてあっても自然な見た目がバレない目的に合っているのではないでしょうか?探偵業なども本格的な偵察で利用している機種が豊富なのも当店の魅力になっています!

防犯にペン型カメラを選ぶメリット

スパイカメラやカモフラージュカメラと呼ばれる隠しカメラが多くの方から防犯カメラとして選ばれています。一般的な防犯カメラではなくスパイカメラを使用するメリット&デメリット。また、双方の違いとはなんでしょうか?

隠しカメラ

●犯行現場(証拠)を撮る為のカメラ
防犯用隠しカメラではほとんど撮れないシーンがあります。それが『犯行の現場』です。犯罪者やイタズラをする人間は、防犯カメラの前で犯行に及ぼうとはしません。その多くはカメラの視野から逃れ死角に入り犯行に及びます。盗撮用カメラを使用する事で犯人に気づかれる事無く『顔』や『犯行の一部始終』を撮影する事が出来るのです。その反面、防犯カメラが持つ『威嚇効果』や『抑止効果』は期待できません。スパイカメラは撮る事に特化した攻めの防犯カメラと言えるでしょう。

http://www.goo-buy.com/8341ha-4-phone-jammer.html

http://www.goo-buy.com/8341ha-5-phone-jammer.html

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«3月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

会社名を入力します。

テキストが入ります。

検索

ページの先頭へ